熱を断てない家

断熱というのは、熱を断つということ。言い換えれば、気温の変化というものに影響されない住宅を作るということです。
この取り組みが充分に行われる以前の住宅は、しばしば気温の変化による影響を受けてきました。
例えば、エアコンの効きが悪くなるとか、窓に結露が浮くとか。

◯エアコンの効き目


エアコンの効きが悪くなるというのは、気温の変化がエアコンという機械に何かをするということではありません。
熱を断つということが完全ではない住宅では、夏には高い温度の空気が、冬には低い温度の空気が、家の中に入り込んでくることになります。
その状態を改善し、冬には暖かく夏には涼しい室内環境を整えるために使われるのがエアコンですが、断熱が充分でない住宅では、エアコンのパワーを強くしなければ、絶え間なく外から入ってくる高い、あるいは低い温度の空気を抑えこむことが出来なくなります。
それぞれの季節で理想的な室内の温度を保つためには、どうしても、エアコンのパワーを高めにしなければならなかったのです。

◯湿度


その他、特に冬には空気の通り道となる窓が温度変化の影響で結露を浮かせ、湿気を発生させる原因になってきました。
湿気は、害虫をおびき寄せたりカビやサビなどの原因になるものです。

このような状況を改善させるために、断熱リフォームというものが行われるようになったのです。