断熱の効果は経済的

寒い時期に断熱?
年々寒い時期が来ると、外に出たくないと思うことがよくありますね。暖房器具の進化により、今やボタン一つで暖かい部屋になることは容易なことです。電気カーペット、ストーブ、エアコン、炬燵など、寒さ対策はバッチリだというご家庭は多いのではないでしょうか。ですがその暖房器具を助け、尚且つ今の時期にうってつけなのが断熱なのです。断熱というと、夏にするものと思いがちですが、断熱の意味というのは「熱の出入りを防ぐこと」ということなのです。冬にも効果的であることがよく理解して頂けたかと思います。

断熱こそ経済的
断熱は様々な効果を期待できます。お風呂場やリビング、寝室などを冷やすこと無く利用できることや、暖房器具の電力、灯油等を抑えることができるのです。灯油ヒーターを例にすると断熱をするしないで大きく変化するのが、部屋を暖めることに掛かる費用です。実験として家の中で灯油ヒーターを使うのと、家の外で灯油ヒーターを使って比べてみてください。家の中ではある一定の設定気温になると灯油ストーブは自動で部屋の温度を上げる作業から部屋の温度を保つ作業へ移行します。しかし外で灯油ヒーターを使うと、いつまでたっても全力で温めようとしてくれます。これではかかる費用が大きく変化することが分かるでしょう。断熱に話を戻すと、家の中で扱う灯油ヒーターの温度を上げる作業が、断熱を行うことで非常に軽減できるのです。室内の温度は外気と違う場合、家の壁に吸い取られてしまいます。その壁を断熱することで経済的な費用が抑えられることがお分かりいただけると思います。

寒さはどこから?
しかし、中には断熱費用を抑えようとして、箇所ごとに行う方も多いのが現状です。実はそれは大きな間違いで、先程書いた「家の壁に吸い取られる」ということから、断熱は部分で行うと効果が期待できないのです。家の中で断熱を行っていない箇所から、冷気が流れ込み部屋の空気を下げてしまいます。長く住まわれる方は、夏と冬に大活躍の断熱をご検討されてみてはいかがでしょうか。