夏に備えましょう

冬ならまだしも……

断熱リフォームは冬に効果を発揮するもので、別に夏に備えて行う必要はないとお考えの方は居ませんか?
確かに断熱リフォームといえば、今までは「冬の寒さを和らげるため」に行うものというのが一般的でした。
しかし、実を言うと夏場でも効果を発揮するということを知っていただければ、夏場の断熱工事も無駄ではない
と分かると思います

熱の入り口を遮断する

そもそも、夏場の断熱の場合、効果的なのは窓の断熱リフォームです。何故なら、夏場に部屋の中の気温が上がる
主な原因は、窓から入ってくる太陽光線が主な原因です。
太陽光線には目で見える光(可視光線)以外にも赤外線や紫外線が含まれていて、特にこの中の赤外線が部屋の温度を
上げる原因となっています。
窓の断熱リフォームを行うことで、それらが部屋に入ることを防ぎ、部屋の温度が上がるのを抑えることにつながります。

見た目には変わらないように見えても

断熱リフォームというと、窓を塞いだり、見た目が損なわれたりして嫌だと考える方も居るのではないでしょうか。
しかし、窓の断熱リフォームの中には、見た目を大きく損なうことなく断熱リフォームを行うことが出来ます。
例えば、窓に断熱性のあるフィルムやコーティングを施すことはその1つですし、二重窓を付けても見た目が変わらないようにする
ことはできるので、ぜひ夏を迎える前に窓の断熱リフォームをしてみてはいかがでしょうか。