自分で出来る簡単断熱対策

冷暖機を効果的に使うために

家を断熱する目的はそもそも冷暖房のエネルギー使用量を抑えるためではありません。
せっかく広い家を建てたのに、寒いところにストーブを置いて家族みんなで固まって生活しているようでは、意味がありませんし、広ければ広いほど暖かい空気は外に逃げていってしまいます。栓を抜いたお風呂にお湯を入れるようなものです。きちんと断熱をするからみんなが広々と家を使えるのです。
家を建てる時に断熱効果が高い壁などに建て替えることも大切ですが、それが出来ない場合、少しでも断熱効果を高める為に自分たちで出来ることは何かをご紹介していきます。

窓から断熱

空気の通り道窓に断熱というのは効果的です。
夏であれば、外からの暑い空気を中に取り込まないように、ヘチマやゴーヤを育てるご家庭もあります。
あれも古くから伝わる立派な断熱法で、実際に部屋の温度が下がったと感じる人も多いようです。
冬の場合は、カーテンレールをU字に変えたり、カーテン自体を長くして横から、下からの熱逃げを防いだりするのも有効です。

床から断熱

冬であれば100円ショップで買えるようなタイルカーペットを敷くだけで下からの冷えを軽減することが出来ます。
断熱とは少し違いますが、床暖房は部屋全体を暖める効果もあります。
カーペットの下にダンボールや新聞紙を敷くとさらに断熱効果を高めることができます。
大きな工事をすることが出来ないご家庭では身近にあるものを利用して断熱するのも良いですね。