窓断熱

窓断熱の仕方

断熱リフォームというと、壁の断熱を思い浮かぶ方もいますが、実は以外に窓断熱を見落としがちです。
しかし窓断熱の必要性は世間一般の認識よりも遥かに重要です。窓断熱というと、何か大きな工事をしなくてはいけないかと思われがちですが、窓断熱の工事は二重窓にしたり、窓ガラスを交換したりと壁を断熱工事したりするよりも簡単に済みます。豪雪地帯では二重窓はすでに当たり前となっています。寒い外の空気を二重窓の間の空気が保存しておいてくれるのです。

窓断熱の重要性

実は日本は窓断熱後進国です。日本で現在でも主流になっている窓のほとんどが断熱性の低いものです。
海外ではすでに日本のような断熱性の低い窓は使用が禁止されているところもあるほどです。
夏、冷房をかける際に入ってくる熱気のおよそ七割が、何と窓から来ているというデータがあります。
また冬に暖房の熱が放出する原因のおよそ五割以上が窓と言われています。
窓断熱は、実は壁断熱よりも重要なのです。

窓断熱は進化している

窓断熱がいかに重要か分かるかと思いますが、この各社窓断熱に携わるメーカーも新しい断熱性の高い窓を次々に開発しています。熱伝導率の高いアルミサッシをやめ、窓断熱に適した樹脂のフレームにしたり、薄くても二重窓のような断熱効果の得られる窓にしたりと進化を遂げているのです。
窓断熱の必要性が分かれば、あとは窓断熱を実行するだけです。
あまりに断熱工事にお金がかかりすぎてしまうと言う方は是非窓断熱をお考えください。