窓の断熱を忘れないようにしましょう

断熱と気密
「断熱」や「気密」という言葉は昔からありましたが、昔は今ほど注目されることはなく、隙間風が通るような住宅も沢山ありました。しかし近年は、「高断熱」「高気密」を設計の軸として建てられている住宅が増えています。それは何故か。断熱性や気密性を高めることが、省エネに繋がることがわかり、その考えが広く浸透してきているからです。特に日本の気候は昔に比べ、暑さも寒さも極端になってきており、冷暖房をかける頻度が多くなっていますが、断熱性や気密性が低い住宅においては、どれだけ運転しても快適な温度にはなってくれず、逆に断熱性や気密性が高い住宅においては、少ない冷暖房運転で快適な温度を保つことが出来ることがわかってきました。冷暖房運転が少なくて済めば、電気代も下がり
省エネになります。そのため、今「高断熱」「高気密」という言葉が盛んに叫ばれるようになっているのです。

断熱・気密リフォームをしましょう
既設の建物が断熱性・気密性が低い建物であっても、リフォームによって性能を高めることは可能です。「今更新築出来ないし・・・」と諦めている方がいましたら、是非リフォーム会社にご相談ください。断熱材の交換・追加だけでも大きな違いを感じることが出来ます。そのため最近は、断熱・気密リフォームを行う方が非常に増えています。

「労多くして功少なし」にならないように
ところで壁や屋根の断熱性・気密性を高めただけでは実は不十分です。それは「窓」への対策が何もされていないからです。夏は外気の熱の約7割が窓から室内へ侵入、逆に冬は室内の熱の約5割が屋外へ逃げていくなど、窓は断熱に非常に弱い部分なのです。いくら壁や屋根の断熱性・気密性を高めても、窓から熱が漏れていては効果が半減です。断熱・気密リフォームをする際は、是非「窓」も忘れずに対策するようにしましょう。