断熱工事の重要性

冬場

断熱工事が効果を発揮するものとしては、冬場の断熱が挙げられます。窓の断熱や壁の中の断熱リフォームを行うことで、
外壁などを通じて部屋の中に外の熱が逃げることを防止して、暖房効率を大きく向上させることが可能です。
窓の断熱工事では、特殊なフィルムやコーティング剤を使うこともありますが、特殊なガラスに交換することで断熱効果を
持たせることが可能です。

夏場

冬場に比べると、あまり意識しない夏場の断熱ですが、冬と同様に大きな効果を発揮します。
冬は外からの冷気を中に通さないことが求められましたが、今度は外の熱が中に伝わらないようにすることで、冷房効率を上昇
させるとともに、冷房を付けていない状態でも、外の熱が伝わりにくくなっていれば、部屋の中の気温が大きく上昇することを
防ぐことが可能です。

断熱の重要性

断熱を行うことで、外の気温に左右されにくくなることは分かると思いますが、これによって冷暖房費を大幅に軽減することが可能に
なる場合があります。
特に、古い構造の住宅では断熱材が入っていない例もあり、そうなると外の気温によって大きく左右されますので、住居の環境が悪くなります。

断熱工事は、断熱リフォームを始めとして比較的簡単に行えるものもありますので、夏と冬、特に外気温が厳しい環境の続く季節に備えて
住宅の断熱工事をご検討されてはいかがでしょうか。
住居環境を良くするだけでなく、消費電力の節減などで、地球環境にも配慮が出来るのです。