断熱リフォーム注意点

実は知られていない断熱リフォーム

今注目を集めている断熱リフォームですが、その理由の1つとして断熱リフォームは省エネに有効だと思われているといったことがあります。また断熱リフォームをすると夏は涼しく冬暖かいといったイメージがあります。
最近は窓断熱などの手軽にできる断熱もあり、とても人気となっています。
しかし蓋を開けてみると思ったことと違った、また住宅に大きなトラブルを抱えてしまったというケースもあります。それは何故でしょうか?断熱リフォームは行うべきなのでしょうか?

断熱リフォームをする理由

断熱リフォームは少ない電力で暖かくなったり涼しくなったりする、というわけではありません。
断熱リフォームをすることによって出来ることは、「外へ空気を逃さない、外からの空気を入れない」
ということです。特に冬場に大きく力を発揮する断熱。
例えば断熱をせずにいると、ずっとストーブやこたつなどの熱源のもとで寄り集まって生活をしなければなりませんが、部屋全体が暖まることによって、人の行動範囲も広がります。
狭い家ならまだしも、断熱の施されていない広い家で少ない熱源を使用すると、いくら電力を使っても全く無駄になってしまいます。これを防ぐことが出来るのが断熱リフォームです。決して少ない電力で部屋が全部暖かくなるというわけではありません。

断熱リフォームの落とし穴

実は断熱リフォームの施工経験の少なく、知識の無い業者に断熱リフォームをお願いしてしまうと、
壁の中で湿気を発生させ、新築であってもシロアリの被害に遭ってしまったり、基礎の劣化を招いてしまうことも考えられます。断熱リフォームはよく考えて行動しましょう。