断熱リフォームをしましょう

「窓」のことを考えましょう
大きな窓が沢山あって、光がいっぱい射し込み、さわやかな風が通り抜ける住まいは、開放的でとても気持ちがいいものですよね。可能ならば毎日窓を開け放しで過ごしたいところですが、残念ながらここは日本、夏は暑く冬は寒いという気候で、心地良い春や秋の気候は、一年を通じてほんの僅かな期間しかありません。そんな日本にあって、窓面積が大きいということはデメリットも伴います。夏は暑い陽射しが容赦なく射し込み、室内温度をどんどん上昇させます。逆に冬においては、窓を通して室内の熱ををどんどん奪って室内温度をどんどん下げます。このように、窓は室内環境を大きく左右する重要な部位なのです。部屋の快適さのためには、「窓」のことを考えることが大切なようです。

「断熱」ということ
問題となるのは室内の温度が激しく変わることです。温度が適温で安定していれば「暑い」「寒い」というのはあまり感じずに済むはずです。それに大きく関わっているのが「断熱」というものです。断熱は簡単に言えば「熱を伝えにくくする」というものです。この断熱の性能が建物に備わっていれば、外が暑くても寒くても、外の影響を受けずに済みます。では外壁部分にこの断熱を施すことにしましょう。しかし実際は、建物の壁や天井部分には「断熱材」というものがすでに施工されているのが一般的です。ではもうやれることはないのか?いいえ、まだ「窓」が残っています。窓の断熱ということも可能なのです。方法は窓ガラスを「断熱ガラス」に交換することです。文字通り断熱性能の高いガラスになるので、外気の影響を極力抑えてくれます。また、空気層を挟んでガラスを2枚嵌める複層ガラスというのも断熱性能が高く有効です。

断熱リフォームをしましょう
快適さにはバランスが大事です。窓を潰せば外気の影響も減って室内温度は落ち着くでしょうが、それでは冒頭のような気持ちいい空間は諦めなければなりません。窓の断熱を高めれば、光や風も取り入れつつ室内の快適さも手に入れられます。窓を含めた断熱リフォームを考えてみませんか?