断熱が弱いのは窓部分

断熱性と暮らしやすさ
住宅での住みやすさの基準のひとつとなるのが、快適な温度で過ごせるかどうかということです。夏は暑く冬は寒い、という部屋では暮らしやすいとは決して言えません。四季がはっきりしている日本においては、外気温度が高い夏には部屋は冷房を行い、逆に外気が低い冬には部屋は暖房を行います。この時、外気と部屋の温度差が少なければ、冷暖房に頼る頻度は減り、一定の安定した環境で暮らしやすい、ということになります。この温度差を調整するのが「断熱材」であり、その性能を「断熱性能」と呼びます。この「断熱」を考えることが暮らしやすさの大事なポイントなのです。

断熱が弱い部分
一般に家の外壁は、壁と窓で構成されています。断熱を考えるにはこの壁と窓が重要になります。断熱性はその素材の持つ性質や厚みによって違いはありますが、壁と窓では壁の方が断熱性が高いと言えます。壁には通常断熱材と呼ばれるものが裏側に張られており、厚みも120~200mmが一般ですが、窓はガラス素地がむき出しで、厚みも3~7mmが一般です。感覚的にも壁裏と窓裏ではどちらが温度の違いを感じるかは、みなさんも承知のところです。そう、窓は外壁でも最も断熱が弱い部分ということが出来ます。

意外にも遅れている窓断熱
前述の通り、窓が最も断熱が弱い部分であるので、当然ながらそれなりの対応がされているのかと思われますが、住宅先進国の日本にもかかわらず、窓断熱に対する対応は、世界各国と比べてとても遅れていると言われています。断熱性能を表す「熱貫流率」というものに、日本は最低基準を定めていないのが理由の一つのようです。従って、断熱性能の低い窓ガラスでも採用されてしまうことが多いのです。しかしながら、近年はペアガラスという2枚仕様の窓ガラスが出てきたり、ガラスそのものの断熱性能も次第に上がってきています。みなさんのお家の窓ガラスはどうでしょうか。断熱は暮らし易さを決める大事なポイント。断熱を考えるならまずは窓から、ということになります。