忘れがちな場所の断熱工事

壁も窓も床も断熱工事を行ったのに、何故か部屋が寒いまま……とお悩みの方はいませんか?
万全に見える断熱工事の内容でも、そうした悩みがつきないのは、実は視点を上に切り替えると簡単に原因が分かります。

実は天井裏というのは、断熱工事を忘れがちな空間なのです。
屋根裏断熱がされていても、例えば換気口が開いていれば冬場の冷気は屋根裏空間を冷やし、その直ぐ下の室内もまた、冷えていきます。
夏になれば、広大な屋根が太陽光を受け止めて加熱され、屋根裏空間を加熱、その熱気は特に屋根直下のお部屋の室温を大きく左右します。

そこで、天井裏の断熱工事の出番です。屋根裏空間全体を断熱するだけでなく、天井裏に断熱材を貼り付けることで、屋根裏空間の気温の変化を室内に伝えないようにすると、驚くほど快適になる例も多く報告されています。

また、キッチンの断熱はどうでしょうか?
多くのキッチンは住宅の北側、冬は特に冷え込む場所に作られています。せっかくリビングを断熱しても、キッチンから室内に冷気が侵入して、隣接するリビングなどを冷やすようでは本末転倒です。特にキッチンは勝手口や床下収納などから冷気が入り込みやすいので、注意しておきましょう。

そして最大のポイントが、実はすでに行った断熱工事の内容です。あるいは新築時の断熱工事の内容になる場合もありますが、断熱を行ったという記録でも、実は断熱材が入っていなかったり、施工が悪くて断熱性能を発揮できていないということもあるのです。
こういう場合は、一度調査してもらうことをお勧めします。