二重窓は、後付でも簡単に断熱性能をアップさせることが可能です

住宅の窓というのは、熱の出入りが大変激しい場所です。何故かと言うと、熱伝導性の高い物質であるガラスや、アルミが主に使われているからです。透明な窓ガラスからは、夏は太陽光が室内に入り、同時に熱も侵入します。冬になれば、部屋の中の熱がガラスやアルミサッシを通りぬけ、外へと逃げていきます。
住宅の断熱性能をアップさせる方法は様々なものがありますが、中でも二重窓は、古い住宅でも簡単に実施でき、尚且つ断熱以外にも様々な効果が得られるものです。

二重窓のメリット

二重窓最大のメリットは、後付でも断熱性能を確実にアップできる事です。
元々の窓の内側に取り付けられた二重窓は、窓と窓の間に空気の層が出来て、そこで断熱層が出来上がります。空気は熱を伝えにくい物質で、室内の熱は、二重窓の間にたまった空気で遮られ、外に出たり、中へ入ったりすることが出来なくなるのです。

また、空気層ができることで、防音効果も高まります。窓が二重になったことによる物理的な効果で、外からの音が遮られ、防音効果がたかります。

最近の二重窓にはおしゃれなデザインも増えていて、お部屋の雰囲気を大きく変えることにも役立っています。

二重窓のデメリット

もちろん、メリットばかりではありません。デメリットも有ります。
二重窓を取り付けるには、既存の窓枠より内側に新たなサッシが設けられますが、これが部屋の空間を少し奪ってしまい、若干狭くなったように感じる事があるかもしれません。