熱を、断つ。

ここで言う「熱」というのは、気温であると言っても間違いではありません。
地球の上にさまざまな理由から存在する高い熱、低い熱というものが、ひっくるめて気温と呼ばれているのです。
断熱というのは、環境の変化に応じて変化する、空気の温度の上下というものを断つということです。具体的には、住宅に関する話です。

◯住居設備

設備
人は、環境の変化に応じて変わる気温に、生活を左右されます。夏には暑さに疲れ、冬には寒さに震えることになります。
だからこそ、住宅というものを作って、その上、気温の変化が激しい夏や冬には快適に過ごせるように設備を整えてきたのです。
今では、「エアコンを使う」というのが最も一般的な方法でしょう。

◯気温

構造
家の外にある環境の変化から来る気温の上下を断つということは、それでは「エアコンを使う」ということを示しているのか、と言えば、そうではありません。
断熱というのは、言ってみればエアコンの効きを良くするための取り組みを言うのです。
住宅は、窓や壁、天井や床によって外から隔絶された空間を作っていますが、これらの部分に断熱工事を行って、より外から遮断された構造を実現させようというのが断熱の取り組みなのです。
断熱性が住宅に実現することは、良い生活を送るための住宅が実現することを意味します。
エアコンの効きが良くなれば経済効果がありますし、窓に出来る結露なども防ぐことが出来るようになるのです。